壺ニュース

個人的に壺ったニュースや出来事をまとめています


> 宮崎文夫

宮崎文夫

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/09/09(月) 08:52:57.07 ID:ZOd9lNIp9
茨城県守谷市の常磐自動車道で8月、男性会社員が「あおり運転」を受け殴られた事件で、茨城県警は8日、男性の車を無理やり止めさせたとして、強要容疑で住居不定、会社役員宮崎文夫容疑者(43)を再逮捕した。

容疑を認めているという。

あおり運転に強要容疑が適用されるのは極めて異例。県警は悪質性を重くみて、罰金刑の可能性がある道交法違反や暴行ではなく、懲役刑しかない強要容疑で立件したとみられる。

no title

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/21(水) 13:41:39.15 ID:nfOEC5Hn9
【独自】宮崎文夫容疑者か関越道でもあおり 真夜中にサングラスで運転
2019年8月21日 水曜 午前11:55

茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転の末の傷害事件で、
逮捕された男が所有しているとみられる高級外車と同じナンバーの車が、
埼玉県の関越自動車道でもあおり運転をしていたことが、FNNが独自に入手した映像でわかった。

2018年11月25日未明、関越道を走行していた車から撮影された映像。

右車線を猛スピードで走る車が、撮影していた車の前に突然割り込んできたうえ、蛇行を繰り返す。
さらに追い越し車線で急にスピードを落とし、画面から消えた。

ポルシェカイエン

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/21(水) 12:24:45.81 ID:tvKlale49
茨城県内で起きた煽り運転による事件で、宮崎文夫容疑者(43)と同乗者の喜本奈津子容疑者(51)に厳罰を求める声が、ネット上で相次いで寄せられている。
宮崎容疑者は、他県でも煽り運転を繰り返したとされるが、余罪も含めてどの程度の罪に問われるのだろうか。

▼「危険な運転をしたつもりはない」と供述

「車をぶつけられ、頭にきて殴った」。報道によると、傷害の疑いで逮捕された宮崎容疑者は、常磐自動車道で停車させた車の男性ドライバーの顔を殴ってケガをさせた動機について、こう供述したという。
しかし、宮崎容疑者とのもみ合いでドライバーの足がブレーキから離れたとも報じられており、元々の原因は宮崎容疑者にあるとみられている。
煽り運転については、ドライバーの車が遅く、妨害されたと感じたとし、暴行容疑での立件もありうるとされているが、「危険な運転をしたつもりはない」と供述したという。

一方、交際相手の喜本容疑者は、宮崎容疑者をかくまった犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕され、殴る様子を携帯電話で撮影するなどしていたことから、傷害ほう助容疑での立件もあると報じられている。
ニュースのコメント欄などでは、「悪事を働いたものには厳罰を」と宮崎、喜本両容疑者への非難が相次いでおり、中には、「殺人未遂が適用されてもいい」との意見もあった。

両容疑者は、いくつかの罪に問われる可能性があるが、量刑の見通しはどうなのだろうか。
元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は8月20日、J-CASTニュースの取材に次のような見方を示した。

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/19(月) 12:28:37.59 ID:JkRiIf39H
常盤自動車道であおり運転をした上、20代男性ドライバーに暴行を加えて傷害容疑で全国に指名手配され、18日に逮捕された住所、職業とも不詳の宮崎文夫容疑者(43)の“傾奇者の素顔”が取材で明らかになった。

関係者によると、同容疑者は関西の有名私大を卒業後、大手センサー企業『キーエンス』に新卒入社。 当時、先輩だった男性によると、「仕事もロクにできないくせに口だけは一丁前だった」という。

「入社早々、ガングロで眉を細くして出社。どこの半グレかと思うほど浮いた存在でした。
うちは堅い会社で、白いワイシャツしか着用を認められていないんですけれども、宮崎容疑者は新人研修中に黒いパンクロックのド派手なTシャツを着てきたり、金のネックレスをつけてきたりして人事担当者から“ビジネスマナーがなってない”とさっそく怒られた。

口癖は“オレ、起業して世界をとりたいねん”。
傾奇者を気取ったんでしょうが、そのくせ商品知識を覚えられないなど研修成績が悪く、同期約40人中、ダントツのビリッケツでした」(同男性)

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/18(日) 12:14:07.28 ID:377yX2Im9
茨城県守谷市の常磐自動車道で10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で警察に身柄を確保された。

【写真】宮崎文夫容疑者は何度も「きもとさん」とさけび現場は騒然

「出頭する」などといい、警察官ともみ合いになったが、身柄を確保され、水戸ナンバーの警察車両に入った。現場には、知人とみられる女性もおり、女性も別の警察車両に乗せられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-08180301-nksports-soci

逮捕時に何度も「キモトサン」と叫び警察と揉み合う宮崎容疑者
no title

コメント(2)

1: 壺ニュース 2019/08/18(日) 11:41:47.27 ID:78HF7eei9
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201908180000301.html

茨城県守谷市の常磐自動車道で10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で警察に身柄を確保された。

「出頭する」などといい、警察官ともみ合いになったが、身柄を確保され、水戸ナンバーの警察車両に入った。
現場には、知人とみられる女性もおり、女性も別の警察車両に乗せられた。

no title

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/18(日) 10:55:44.06 ID:H+5qYCIe0
実名開示待った無し
no title

コメント(1)

1: 壺ニュース 2019/08/17(土) 11:08:09.43 ID:sI4xeQTW9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00013437-bunshun-soci

8月10日に茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件で全国に指名手配された 宮崎文夫容疑者(43)が、所有する大阪市内のマンションでも住民に迷惑行為を繰り返していたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

宮崎容疑者が所有する大阪市内のマンションの住民が証言する。

「10年以上前までは、宮崎の親族の女性がオーナーでしたが、宮崎が相続したようです。
以降は管理会社がコロコロ変わり、トラブルが続いて大変です。なぜか電気が停められてエレベーターが動かない日もあった。本人も奇声を上げたり、警察沙汰を起こしたり、近寄りがたい人でした。
何より迷惑だったのは、駐輪場として住民が使用していた1階の共有スペースに何の通達もなく自分の自家用車を置いていたこと。住民は自転車が置けなくなってしまった。オーナーなので文句も言えず、 泣き寝入りするしかなかった」

その共有スペースには、今回の事件で使われたと思われる白いBMWも駐車されていたという。

「最近はサングラスに帽子という芸能人みたいな格好で毎日出歩いていました。同じような格好をした女性もよく一緒に見かけました」(同前)


このページのトップヘ