壺ニュース

個人的に壺ったニュースや出来事をまとめています


> 上級国民

上級国民

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/09/21(土) 11:57:35.90 ID:WxQeqE7l9
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190920-00000035-jnn-soci

東京・池袋で乗用車が暴走し12人が死傷した事故で、死亡した女性が、
およそ50メートル先の路上にまではね飛ばされていたことが新たにわかりました。
女性の夫が現場を訪れ、カメラの前で無念の思いを語りました。

この事故は今年4月、豊島区の池袋駅近くで、飯塚幸三元院長(88)が運転する乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が亡くなるなど、12人が死傷したものです。

警視庁の調べによりますと、乗用車のスピードは時速90キロを超えていたということですが、その後の取材で、真菜さんが車にはねられ、およそ50メートル先の路上に叩きつけられていたことが新たにわかりました。

「莉子は、ほぼその場(で亡くなり)、真菜は信号をはさんで、あっちまで吹き飛ばされた。
(真菜が)空中で意識があったとしたら、頭の中は、莉子の事で、莉子が無事かと思っていたんじゃないかと思うと」(松永真菜さんの夫)

夫の松永さんらが集めている飯塚元院長への厳罰を求める署名は30万人を超えていて、20日午後、東京地検に提出される予定です。

飯塚幸三

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/09/04(水) 02:40:46.36 ID:P6R28VSc0 BE:155743237-PLT(12000)
高齢者事故対策、警察庁が国民にアンケート調査実施へ

高齢者ドライバーに対して事故を防ぐための具体的な対策を導入するかどうかについて、警察庁らによる検討委員会が今月にも国民にアンケート調査を実施することになりました。

高齢者の運転による交通事故を減らすため、3日午後、警察庁で有識者会議が行われました。
会議では、高齢者の事故を防ぐために具体的な対策を導入するべきかどうかについて、国民の意見を聞くためアンケート調査を行うことを決めました。

アンケートは今月中旬にも警察庁のホームページやインターネット調査会社を通じて幅広い年齢層の2000人に対して行われるほか、全国の試験場で高齢者講習を受ける2000人の高齢者にも実施される予定です。
警察庁はアンケート結果などを踏まえ、今年度中に有識者会議を通じて提言をまとめる方針です。

また、3日の会議では、免許更新の際の実車試験の導入などについても検討されました。

飯塚幸三

https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20190904/3768057.shtml

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/25(日) 14:37:05.18 ID:3U2ACcW39
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190824/k10012047021000.html

東京 池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、幼い女の子と母親が死亡した事故で、
厳罰を求める遺族の署名活動に20万人を超える署名が集まりました。
「交通事故対策が進むきっかけにしてほしい」という遺族の訴えが大きな反響を呼んでいます。

ことし4月、東京 池袋で、旧通産省の幹部だった88歳のドライバーが運転する
乗用車が暴走して歩行者などを次々にはね、
自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡しました。

飯塚幸三

コメント(0)

1: 壺ニュース 2019/08/18(日) 21:57:37.547 ID:DZys5Uqo0
4月に東京・池袋の車暴走事故で娘の松永真菜さん(31)と孫の莉子ちゃん(3)を失った上原義教さん(62)=那覇市=は4カ月近くたつ今も眠れない日々が続いている。高齢運転手による事故で一瞬にして最愛の家族を亡くした悲しみと憤り。
厳正な処罰を求めると同時に、判断力や運転能力に不安のある高齢者に運転免許返納を促す取り組みの必要性を訴えている。(社会部・城間陽介)

(中略)

幸せな時間は事故で一変した。一報を受けて駆け付けた警察署の安置室で2人と対面。亡くなったことが信じられず、足元から崩れ落ちた。
事故後しばらく、自宅に飾ってあった孫の写真を片付け、目に入らないようにした。「今もCMで親子が出たり、公園で親子連れを見たりするとつらい」と明かす。
運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)は足が不自由でつえを使っていたことが明らかになった。
現場にはブレーキ痕がなく、上原さんは「そもそも、なぜ運転が認められていたのか」と怒りが込み上げる。上原さんの元には元院長側から謝罪はないという。

joukyuukokumin

https://news.goo.ne.jp/article/okinawa/nation/okinawa-20190817103700.html

このページのトップヘ